にんにくの最好条件ブランドの福地ホワイト六片

「福地ホワイト六片素材」は、青森県内で培養されているにんにくの分類の一つで、にんにくの最優良商標として全国的に知名度があ
ります。原産地が青森県内福地村(現南部通り福地エリア)であり、実がスノーのように白いことから、「福地ホワイト」と名付けられました。昨今
から40階級ほど前に、青森県内田子通りで培養が始まり、現在では県南の多くの各地で培養されています。これらの各地は冬の積雪嵩が釣り合い低く、雪解けが速い結果、春の陽光を存分に吸収することができるという利点があり、他の各地によって成長し易く大粒のにんにくができるのです。「福地ホワイト六片素材」の習性は、実がスノーのように白く、最初粒最初粒がすごく糖度が大きいということです。生で食べても加熱しても本当にフレーバーが望ましく、フレーバーも強烈でコクがあって味わい深く、きめ細やかでポカポカしています。なお、六片素材という呼び名ではありますが、あまり1玉が6片に分かれているわけではなく、1玉度合4〜6片になっています。

サイトマップ

Copyright© 2011 高血圧予防サプリメント@効果・改善にはAll Rights Reserved.

広告掲載について